MENU

「天然パーマ(くせ毛)がパーマをすることはできる?」というのを美容師がアドバイス

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

私は天然パーマの髪質なのですが、春のイメージチェンジに、今流行のゆるパーマをあてたいと思っています。

しかし、天然パーマの人がパーマをすると、天然パーマとパーマが混ざり合ってしまうからやめた方がいいと、美容師に言われてしまいました。

やはりパーマをしない方がいいのでしょうか?

こういった疑問にお答えしていきます。

この記事の内容

天然パーマにパーマをすることができるのか解説

パーマをするときに悩むポイントとなるのは、自分の髪質との相性です。

直毛であればとても簡単ですが、大半の女性の髪には「天然パーマ」というものがあります。

上記の質問のように、パーマと混ざり合ってしまいキレイに仕上がらないのではないか、とても重要なポイントになります。

「キレイな髪の流れを手に入れるには、ストレートパーマをあてた後にゆるパーマをあてるしか無いのでしょうか?」という疑問に対しても一緒にお答えしていきます。

今回の記事では、天然パーマの髪質の方に対してパーマは有効なのかを分かりやすくお話していきます。

この記事で分かること

  • 天然パーマの髪質とパーマとの相性
  • キレイな毛流れをつくることはできるのか?
  • 美容師視点からのアドバイス

なお、「くせ毛におすすめのシャンプー」と「くせ毛におすすめのトリートメント」もをまとめているので、合わせて参考にしてください。

おすすめシャンプ

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次
この記事の著者・運営・監修者

運営者 / 美容師
きし かずき

美容業界20年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細

和歌山高等美容専門学校 卒業。

保有資格:美容師免許(美容師免許の概要について)

運営会社
運営会社 株式会社Ll's.エルズ

kishilogは、運営会社 株式会社Ll's.エルズ(法人番号:4170001015687)が運営・管理しています。当サイトで掲載する情報は、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」、および景品表示法「比較広告に関する景品表示法上の考え方」に基づいています。これにより、公正かつ透明性のある比較と広告紹介を行っております。

スクロールできます

監修 / 美容室

hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)

和歌山市、宮前駅から徒歩10分のところにある「hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)」は、美意識が高い大人の女性たちに人気のサロンです。

その魅力的なメニューと家族で利用できる環境が、多くの方々を引き寄せています。

特に艶髪に注力したサービスを展開しています。髪の健康と美しさを追求するヘアエステ、髪の輝きを引き出すカラーや縮毛矯正など、心からリラックスしながら美を追求するひとときを楽しむことができます。

監修者 / 美容師

廣瀬 幸奈

hair make lonlo代表。

奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。

監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

監修者 / hair Designer

谷本 昌浩

美容室Re:berta チーフディレクター。

和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

「天然パーマ(くせ毛)」と「パーマ」の相性は?

「天然パーマ(くせ毛)」と「パーマ」の相性は?
きし

今回の記事では、天然パーマとパーマとの相性についてです。

廣瀬

天然パーマ=くせ毛です。くせ毛で悩む女性は全体の7割を超えていると言われているほどたくさんの方が持っている悩みです。

女性なら一度は「パーマをしたい」と考えたことはあるはずです。

しかし、天然パーマ=くせ毛の髪質にパーマをかける。

たくさんの情報がある中から、自分の髪にも不安を感じたことや、美容師に「くせ毛だからパーマをしない方がいい」と言われた方もいるはずです。

それは間違いではなく、くせ毛にパーマをするのは、

くせ毛の度合いとしたいスタイル(パーマ)による

のが正解だと考えています。

しかし、髪質によるなんて無難なことを言ってしまうと元も子もないので、少し具体的にまとめていきます。

POINT

基本的にパーマをする時に考えるべきことは、動きのある場所と抑える場所のをつくることです。極論を言うとパーマを当てる場所と、パーマをしない場所を同一のスタイルでつくることが肝心になります。

これは美容師視点での話なので置いといて。

つまり、短いスタイルだと髪の長さ自体が短いため、この2つをつくることができずにヘアスタイルのバランスが非常に悪くなる。といったケースが多くなります。

できればくせ毛の方の場合は、「長めのミディアム」「セミロング」「ロング」のヘアスタイルでパーマをするようにすれば失敗は少なくなりやすいです。

目次に戻る

あとがき

きし

くせ毛でもパーマのオーダーは少なくはないので、こういう記事にしてまとめてみました。

廣瀬

私もくせ毛なので悩む気持ちは分かります、自分に合ったヘアスタイルを探すことによってパーマは十分可能になります。

まとめ
  • スタイリングするのであれば全く問題なし
  • 可愛くしたいのであれば「パーマ」にすべし
  • くせ毛にもよるが毛流れは作れない

ほんとに元も子もないこと言いますが「髪質」によるので、一番のおすすめは一度やってみるということでしょう。

  • 基本的にはロングスタイルで、くせ毛は捻転毛でかなり強め
  • 前髪はくせ毛が気になるので前髪だけ縮毛矯正
  • トップやハチ周りはボリュームは気になるのでパーマはしない
  • 毛先に動きがほしいのでウェーブパーマ

と、いった感じです。

結局のところ、自分のヘアスタイルは最終的には自分が決めることが大半です。

全てをパーマだけで解決する必要もなければ、諦める必要もありません。

その中で、実際にやってみることで得られることや、しっくりくることもあります。

美容師に「くせ毛だからパーマはしない方がいい」と言われていたとしても、それはあくまで、すべきではない確率に過ぎません。

上手くいく可能性もあるので、悩んでいる方も実際にパーマをしてみてから自分の似合うヘアスタイルを探すべきですね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

POINT
  • ショートヘア
  • ミディアムヘア
  • レイヤースタイル

この辺りはヘアスタイルでもやりづらさを感じやすいヘアスタイルとです。

それは、くせ毛+パーマが合わさることで必要のない場所にも広がりを感じやすいからです。

POINT

基本的にパーマをする時に考えるべきことは、動きのある場所と抑える場所のをつくることです。極論を言うとパーマを当てる場所と、パーマをしない場所を同一のスタイルでつくることが肝心になります。

これは美容師視点での話なので置いといて。

つまり、短いスタイルだと髪の長さ自体が短いため、この2つをつくることができずにヘアスタイルのバランスが非常に悪くなる。といったケースが多くなります。

できればくせ毛の方の場合は、「長めのミディアム」「セミロング」「ロング」のヘアスタイルでパーマをするようにすれば失敗は少なくなりやすいです。

あとがき

くせ毛でもパーマのオーダーは少なくはないので、こういう記事にしてまとめてみました。

私もくせ毛なので悩む気持ちは分かります、自分に合ったヘアスタイルを探すことによってパーマは十分可能になります。

まとめ
  • スタイリングするのであれば全く問題なし
  • 可愛くしたいのであれば「パーマ」にすべし
  • くせ毛にもよるが毛流れは作れない

ほんとに元も子もないこと言いますが「髪質」によるので、一番のおすすめは一度やってみるということでしょう。

  • 基本的にはロングスタイルで、くせ毛は捻転毛でかなり強め
  • 前髪はくせ毛が気になるので前髪だけ縮毛矯正
  • トップやハチ周りはボリュームは気になるのでパーマはしない
  • 毛先に動きがほしいのでウェーブパーマ

と、いった感じです。

結局のところ、自分のヘアスタイルは最終的には自分が決めることが大半です。

全てをパーマだけで解決する必要もなければ、諦める必要もありません。

その中で、実際にやってみることで得られることや、しっくりくることもあります。

美容師に「くせ毛だからパーマはしない方がいい」と言われていたとしても、それはあくまで、すべきではない確率に過ぎません。

上手くいく可能性もあるので、悩んでいる方も実際にパーマをしてみてから自分の似合うヘアスタイルを探すべきですね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

POINT

パーマをすることによって「ブローがしやすい・しやすくなる」というようなメリットがありますが、逆を言えば「ブローをしなければいけない」というデメリットにもなります。

つまり、ブローを普段からする方にはメリットにはなりますが、ブローを普段から全くしない方にはデメリットにしかならないということになります。

可愛くしたいのであれば「パーマ」にすべし

可愛くしたいのであれば「パーマ」にすべし
きし

可愛くしたいのならパーマはおすすめです。

くせ毛には、必要なところに動きや丸みがなかったりします。

そこにパーマをかけることで、出したい髪の場所にパーマを人為的にかけることで動きをつくることができるのが一番の利点になります。

パーマをかけることで「キレイな丸み」や「トップのボリューム」をつくることができます。

そうすることによって、ヘアスタイルの可愛さが格段にアップします。

楽にしたいのであれば「ストレート(縮毛矯正)」にすべし

楽にしたいのであれば「ストレート(縮毛矯正)」にすべし
きし

一応、ここで無難なアドバイスをすると、スタイリングをしたくないって方はパーマを諦めてストレート(縮毛矯正)をすべきです。

これこそ元も子もないのですが、ぶっちゃけるとストレートはとても楽なヘアスタイルに なります。

くせ毛もパーマも、どちらにしろスタイリング(ブロー・アイロン)が必要になりますが、ストレートはそれほど必須でもなくなります。

つまり、「可愛くしたいならパーマ」、「楽にしたいならストレート」という選択をすべきです。

MEMO

とくに最近の女性は働く方も増え、朝も夜も時間は少ない方が多い印象です。自分のライフスタイルに合わせてメニューやスタイルを選びましょう。

目次に戻る

くせ毛の種類によってはパーマは限られる

くせ毛の種類によってはパーマは限られる
きし

次に、くせ毛の種類によっては注意点が必要なことをお話していきます。

廣瀬

上記でお話したことは、あくまでも1つの考え方に過ぎません。くせ毛の状態を見極める必要があります。

くせ毛の種類には以下の4つがあります。

くせ毛の種類

  1. 波状毛
  2. 念転毛
  3. 連球毛
  4. 縮毛

くせ毛の度合いにもよりますが、大体のくせ毛ならば問題はありませんが、④の縮毛に関しては、少し難易度が高くなります。

縮毛の場合はストレートにするほうがいいかもしれません。

くせ毛が気になる人でおすすめしないスタイル

くせ毛が気になる人でおすすめしないスタイル
きし

加えて、こういうスタイルはおすすめしないということもお話します。

バッサリ言うと、短めのヘアスタイルではおすすめしません。

例えば…

POINT
  • ショートヘア
  • ミディアムヘア
  • レイヤースタイル

この辺りはヘアスタイルでもやりづらさを感じやすいヘアスタイルとです。

それは、くせ毛+パーマが合わさることで必要のない場所にも広がりを感じやすいからです。

POINT

基本的にパーマをする時に考えるべきことは、動きのある場所と抑える場所のをつくることです。極論を言うとパーマを当てる場所と、パーマをしない場所を同一のスタイルでつくることが肝心になります。

これは美容師視点での話なので置いといて。

つまり、短いスタイルだと髪の長さ自体が短いため、この2つをつくることができずにヘアスタイルのバランスが非常に悪くなる。といったケースが多くなります。

できればくせ毛の方の場合は、「長めのミディアム」「セミロング」「ロング」のヘアスタイルでパーマをするようにすれば失敗は少なくなりやすいです。

あとがき

くせ毛でもパーマのオーダーは少なくはないので、こういう記事にしてまとめてみました。

私もくせ毛なので悩む気持ちは分かります、自分に合ったヘアスタイルを探すことによってパーマは十分可能になります。

まとめ
  • スタイリングするのであれば全く問題なし
  • 可愛くしたいのであれば「パーマ」にすべし
  • くせ毛にもよるが毛流れは作れない

ほんとに元も子もないこと言いますが「髪質」によるので、一番のおすすめは一度やってみるということでしょう。

  • 基本的にはロングスタイルで、くせ毛は捻転毛でかなり強め
  • 前髪はくせ毛が気になるので前髪だけ縮毛矯正
  • トップやハチ周りはボリュームは気になるのでパーマはしない
  • 毛先に動きがほしいのでウェーブパーマ

と、いった感じです。

結局のところ、自分のヘアスタイルは最終的には自分が決めることが大半です。

全てをパーマだけで解決する必要もなければ、諦める必要もありません。

その中で、実際にやってみることで得られることや、しっくりくることもあります。

美容師に「くせ毛だからパーマはしない方がいい」と言われていたとしても、それはあくまで、すべきではない確率に過ぎません。

上手くいく可能性もあるので、悩んでいる方も実際にパーマをしてみてから自分の似合うヘアスタイルを探すべきですね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

今回のポイント
  • スタイリングするのであれば全く問題なし
  • 可愛くしたいのであれば「パーマ」にすべし
  • 楽にしたいのであれば「ストレート(縮毛矯正)」にすべし

順番にお話していきます。

スタイリングをするのであれば全く問題なし

スタイリングをするのであれば全く問題なし
きし

個人的には、スタイリングするのであれば全く問題なくパーマをすることはできると考えています。

くせ毛の方では、必要な髪の部分にパーマをすることによって、くせ毛が邪魔になるため「くせ毛にパーマはおすすめされていない」のですが、

スタイリングによってくせ毛をキレイにすれば、全く問題なくパーマスタイルを楽しむことはできます。

しかし、全くスタイリング(ブロー・アイロン)をしないくせ毛の方がパーマをするとなれば話は変わります。

POINT

パーマをすることによって「ブローがしやすい・しやすくなる」というようなメリットがありますが、逆を言えば「ブローをしなければいけない」というデメリットにもなります。

つまり、ブローを普段からする方にはメリットにはなりますが、ブローを普段から全くしない方にはデメリットにしかならないということになります。

可愛くしたいのであれば「パーマ」にすべし

可愛くしたいのであれば「パーマ」にすべし

可愛くしたいのならパーマはおすすめです。

くせ毛には、必要なところに動きや丸みがなかったりします。

そこにパーマをかけることで、出したい髪の場所にパーマを人為的にかけることで動きをつくることができるのが一番の利点になります。

パーマをかけることで「キレイな丸み」や「トップのボリューム」をつくることができます。

そうすることによって、ヘアスタイルの可愛さが格段にアップします。

楽にしたいのであれば「ストレート(縮毛矯正)」にすべし

楽にしたいのであれば「ストレート(縮毛矯正)」にすべし

一応、ここで無難なアドバイスをすると、スタイリングをしたくないって方はパーマを諦めてストレート(縮毛矯正)をすべきです。

これこそ元も子もないのですが、ぶっちゃけるとストレートはとても楽なヘアスタイルに なります。

くせ毛もパーマも、どちらにしろスタイリング(ブロー・アイロン)が必要になりますが、ストレートはそれほど必須でもなくなります。

つまり、「可愛くしたいならパーマ」、「楽にしたいならストレート」という選択をすべきです。

MEMO

とくに最近の女性は働く方も増え、朝も夜も時間は少ない方が多い印象です。自分のライフスタイルに合わせてメニューやスタイルを選びましょう。

くせ毛の種類によってはパーマは限られる
くせ毛の種類によってはパーマは限られる

次に、くせ毛の種類によっては注意点が必要なことをお話していきます。

上記でお話したことは、あくまでも1つの考え方に過ぎません。くせ毛の状態を見極める必要があります。

くせ毛の種類には以下の4つがあります。

くせ毛の種類

  1. 波状毛
  2. 念転毛
  3. 連球毛
  4. 縮毛

くせ毛の度合いにもよりますが、大体のくせ毛ならば問題はありませんが、④の縮毛に関しては、少し難易度が高くなります。

縮毛の場合はストレートにするほうがいいかもしれません。

くせ毛が気になる人でおすすめしないスタイル

くせ毛が気になる人でおすすめしないスタイル

加えて、こういうスタイルはおすすめしないということもお話します。

バッサリ言うと、短めのヘアスタイルではおすすめしません。

例えば…

POINT
  • ショートヘア
  • ミディアムヘア
  • レイヤースタイル

この辺りはヘアスタイルでもやりづらさを感じやすいヘアスタイルとです。

それは、くせ毛+パーマが合わさることで必要のない場所にも広がりを感じやすいからです。

POINT

基本的にパーマをする時に考えるべきことは、動きのある場所と抑える場所のをつくることです。極論を言うとパーマを当てる場所と、パーマをしない場所を同一のスタイルでつくることが肝心になります。

これは美容師視点での話なので置いといて。

つまり、短いスタイルだと髪の長さ自体が短いため、この2つをつくることができずにヘアスタイルのバランスが非常に悪くなる。といったケースが多くなります。

できればくせ毛の方の場合は、「長めのミディアム」「セミロング」「ロング」のヘアスタイルでパーマをするようにすれば失敗は少なくなりやすいです。

あとがき

くせ毛でもパーマのオーダーは少なくはないので、こういう記事にしてまとめてみました。

私もくせ毛なので悩む気持ちは分かります、自分に合ったヘアスタイルを探すことによってパーマは十分可能になります。

まとめ
  • スタイリングするのであれば全く問題なし
  • 可愛くしたいのであれば「パーマ」にすべし
  • くせ毛にもよるが毛流れは作れない

ほんとに元も子もないこと言いますが「髪質」によるので、一番のおすすめは一度やってみるということでしょう。

  • 基本的にはロングスタイルで、くせ毛は捻転毛でかなり強め
  • 前髪はくせ毛が気になるので前髪だけ縮毛矯正
  • トップやハチ周りはボリュームは気になるのでパーマはしない
  • 毛先に動きがほしいのでウェーブパーマ

と、いった感じです。

結局のところ、自分のヘアスタイルは最終的には自分が決めることが大半です。

全てをパーマだけで解決する必要もなければ、諦める必要もありません。

その中で、実際にやってみることで得られることや、しっくりくることもあります。

美容師に「くせ毛だからパーマはしない方がいい」と言われていたとしても、それはあくまで、すべきではない確率に過ぎません。

上手くいく可能性もあるので、悩んでいる方も実際にパーマをしてみてから自分の似合うヘアスタイルを探すべきですね。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次