MENU

女性が美容室に行く理想の頻度とは?ヘアスタイル別に解説

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

女性が美容室に行く理想の頻度は、髪型やライフスタイル、髪の状態によって変わりますが、美容師の視点から、一般的な主婦のヘアスタイル別の目安を具体的に説明します。

主婦の方々は、家事や育児、仕事などで忙しいことが多いため、美容室に行く頻度を無理なく調整することが大切です。上記の目安を参考に、自分のライフスタイルや髪の状態に合わせた美容室通いを実践し、いつも清潔感のある美しいヘアスタイルをキープしましょう。

ただし、個人差があるため、一概に言えない部分もありますが、一つの目安として参考にしてください。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次
この記事の著者・運営・監修者

運営者 / 美容師
きし かずき

美容業界20年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細

和歌山高等美容専門学校 卒業。

保有資格:美容師免許(美容師免許の概要について)

運営会社
運営会社 株式会社Ll's.エルズ

kishilogは、運営会社 株式会社Ll's.エルズ(法人番号:4170001015687)が運営・管理しています。当サイトで掲載する情報は、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」、および景品表示法「比較広告に関する景品表示法上の考え方」に基づいています。これにより、公正かつ透明性のある比較と広告紹介を行っております。

スクロールできます

監修 / 美容室

hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)

和歌山市、宮前駅から徒歩10分のところにある「hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)」は、美意識が高い大人の女性たちに人気のサロンです。

その魅力的なメニューと家族で利用できる環境が、多くの方々を引き寄せています。

特に艶髪に注力したサービスを展開しています。髪の健康と美しさを追求するヘアエステ、髪の輝きを引き出すカラーや縮毛矯正など、心からリラックスしながら美を追求するひとときを楽しむことができます。

監修者 / 美容師

廣瀬 幸奈

hair make lonlo代表。

奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。

監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

監修者 / hair Designer

谷本 昌浩

美容室Re:berta チーフディレクター。

和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

美容室・美容院へ通う平均的な頻度

逆三角形型ならツヤ感とボリューム感を調整するボブスタイルがおすすめ

女性が美容室へ通う平均的な頻度は、ヘアスタイルやメニューによって異なります。以下に、美容のプロ視点から具体的な理想の頻度をまとめます。

  1. ショートヘア
    • 1ヶ月半ごとにカット。形状を保ち、手入れしやすいスタイルを維持
  2. ボブヘア
    • 2ヶ月ごとにカット。整った印象を保ち、前髪がある場合は4~6週間ごとにカットがおすすめ
  3. ミディアムヘア
    • 2ヶ月~3ヶ月ごとにカット。バランスを整え、パーマやカラーの場合は髪の状態を見て調整
  4. ロングヘア
    • 2ヶ月半~3ヶ月ごとにカットとトリートメント。ダメージを抑え、美しい髪を保ちます

これらは平均的な目安であり、個々の髪質やライフスタイルに合わせて調整が必要です。カットやカラーのメニュー別の理想的な頻度を参考に、美容室通いを見直し、美しいヘアスタイルを維持しましょう。

目次に戻る

美容室に行く理想の頻度

女性が美容室に行くおすすめの頻度は、1ヶ月半~2ヶ月です。美容師は髪質や毛量を考慮し、カットの持続性を重視していますが、日常のケアやスタイリングによるダメージは避けられません。

ダメージによるスタイル崩れや髪の伸び、毛量の増加、ヘアカラーの根元部分の生え際や白髪の目立ち始めなど、1カ月半~2カ月で変化が顕著になることが理由です。

もっと具体的に説明すると、

  • ヘアカット
    • 髪の伸びや毛量増加による形状の崩れを整え、スタイリングしやすくなります
  • ヘアカラー
    • 根元の生え際や白髪が目立つようになったら、カラーリタッチが必要
  • ヘアトリートメント
    • 毎日のスタイリングや環境要因によるダメージを最小限に抑え、髪の健康を維持

美容室通いの頻度を1ヶ月半~2ヶ月に設定し、髪の状態やスタイルを維持しやすくすることがおすすめです。

ヘアカットの頻度

ヘアスタイルにより長持ちしやすいスタイルと長持ちしにくいスタイルがあります。長持ちしやすいヘアスタイル(ワンレングスボブ、ミディアム、ロング)は2ヶ月~2ヶ月半の美容室通いが理想。

形状崩れが少なく、髪の伸びが目立ちにくい。長持ちしにくいスタイル(ベリーショート、ショートレイヤー、ウルフカット)は1ヶ月~1ヶ月半の通いがおすすめ。髪の伸びで形状変化があり、手入れが必要。ヘアスタイル別の美容室通いの頻度で、髪の形状やスタイルを維持しましょう。

ショートは1ヶ月からが目安

ショートヘアの美容室通いの理想的な頻度は、1ヶ月です。髪の伸びや毛量の変化により、1ヶ月後にはシルエットが崩れる可能性が高くなります。

特に、前髪が2〜3cm伸びると視界に入る問題があり、顔周りにフィットするカットの場合は、髪が伸びることで不潔な印象を与えるリスクがあります。

プロの視点から、ショートヘアを綺麗に維持するためには、毎月カットすることがおすすめです。これにより、髪型の美しさと清潔感が保たれます。

ボブは1ヶ月半〜2ヶ月からが目安

【 40代・50代のやってはいけない髪型・痛い髪型まとめ】おばさんぽくない・なりにくい若く見えるスタイルを厳選

ボブの美容室通いの理想的な頻度は、1ヶ月半~2ヶ月です。デザインによりますが、ボブは形状が崩れにくく、比較的長持ちするヘアスタイルです。

ただし、短めのカットラインの場合、2ヶ月目あたりから不自然なシルエットに見えるリスクがあります。また、クセ毛の方は放置すると毛先がはねやすくなるため、注意が必要です。

プロの視点から、ボブの美しさを維持するためには、1ヶ月半~2ヶ月の間隔でメンテナンスを行うことがおすすめです。これにより、いつも清潔感のある髪型をキープできます。

ミディアムは2ヶ月〜2ヶ月半からが目安

40代から50代の女性のスタイルでやってはいけない髪型、痛い髪型のポイント

ミディアムヘアの美容室通いの理想的な頻度は、デザインにもよりますが2ヶ月~2ヶ月半が目安です。

2ヶ月半を過ぎると、髪の量が増えたり、毛先のダメージが目立ってくる可能性があります。このため、適度な頻度で毛先を整え、毛量を調整することが重要です。

プロの視点から、ミディアムヘアの美しさを維持するためには、2ヶ月~2ヶ月半の間隔でメンテナンスを行うことがおすすめです。これにより、バランスの良いミディアムスタイルをキープできます。

ロング2ヶ月半〜

ロングヘアの美容室通いの理想的な頻度は、2ヶ月半ですが、レイヤーとワンレングスでは異なります。

レイヤー入りのロングヘアの場合は、2ヶ月半〜に一度が適切。一方、ワンレングスベースのロングヘアは、長持ちしやすいため、3ヶ月ぐらいでも問題はありません。

ロングヘアの美しさを維持するためには、毛先のダメージ部分をカットし、レイヤーを整え、毛量調整を行うことが重要です。これにより、髪が扱いやすくなります。

ヘアカラーの頻度

ヘアカラーの理想的な頻度は、1ヶ月~1ヶ月半に1回です。

暗めのヘアカラーは根元が目立ちにくく、長持ちしますが、明るめのヘアカラーは根元が目立ちやすく、頻繁にカラーリングが必要です。

ダメージが気になる方は、根元のみのカラーを取り入れることで、髪の負担を減らすことができます。プロの視点から、ヘアカラーの美しさを維持するためには、適切な頻度でカラーリングを行い、美容師と相談しながら髪へのダメージを最小限に抑えることが重要です。

美容室や美容院でのヘアカラーについて、理想的な頻度やタイミングを知っていると、より健康的で魅力的な髪を保つことができます。特に、白髪や髪の毛の根元の伸びを気にする女性にとっては、正しい情報を得ることが重要です。

一般的に、ヘアカラーの頻度は1ヶ月から3ヶ月程度が推奨されます。ただし、個人の髪質やヘアケア方法によっても異なるため、自分に合った頻度を見つけることが大切です。また、ヘアカラーをする場合、頭皮の状態にも注意が必要です。過剰な染めや頻度、カラーリングによるダメージは、健康な頭皮や髪の毛に悪影響を与えることがあります。

白髪染めの頻度

白髪の場合は個人差がとても大きいですが、色と同じく1ヶ月〜2ヶ月ぐらいが最適な頻度となります。白髪と色の違いというのは、色が「周期」で白髪が「頻度」だということです。

髪が気になる方にとって、白髪を隠すためのヘアカラーは欠かせないものです。しかし、白髪は一度染めたとしても、短期間で再び目立ってしまうこともあります。そこで、白髪を優先させるための最適なヘアカラーの頻度についてご紹介します。

頻度は「1〜2ヶ月」が最適

白髪を優先させる場合、ヘアカラーの頻度は「1〜2ヶ月」が最適とされています。白髪は生え変わりのサイクルが速く、ヘアカラーをしても短期間で再生するため、定期的なメンテナンスが必要です。

白髪が多い場合はさらに頻繁に染める

白髪の量が多い場合は、頻度をさらに短くすることがおすすめです。白髪が目立つ部分や髪の根元など、特に目立つ部分を中心に染める「リタッチ」も効果的です。

ヘアカラーによる髪への影響を考慮し、適切なケアを行う

白髪を優先させるために頻繁にヘアカラーをすることで、髪へのダメージが心配されるかもしれません。そのため、適切なケアが必要です。ヘアカラー後は、ダメージを補修するトリートメントや、色落ちを防ぐためのヘアケア用品の使用がおすすめです。また、ヘッドスパやヘアケアメニューを取り扱っている美容院でのケアも効果的です。

パーマの頻度

パーマの理想的な頻度は1ヶ月半〜2ヶ月です。髪へのダメージを避けるためにも、この期間を空けることが重要です。

パーマにはハードパーマ、ゆるふわパーマ、くせ毛風パーマなど、様々な種類があります。美容師と相談し、自分に適したパーマを選ぶことがおすすめです。

毛先のダメージが気になる場合は、根元のみパーマをかけることも検討できます。プロの視点から、パーマの美しさを維持するためには適切な頻度で施術し、美容師とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。

縮毛矯正の頻度

縮毛矯正をした髪は、新しく伸びた部分には矯正がかかっていませんが、長い髪ほど重みでまとまりやすく、根元のクセも目立ちにくくなります。ブラッシング時にクセの状態をチェックし、気になったら美容室でカウンセリングを受けて縮毛矯正を検討しましょう。

通常、縮毛矯正のメンテナンスは3~4ヶ月に1度が適切です。プロの視点から、適切なタイミングでのケアが髪の美しさを維持するために重要です。

トリートメントをする頻度

トリートメントの理想的な頻度は1ヶ月に1回で、ヘアカットと同時に施術するのがおすすめです。

髪のパサつきやダメージを予防するためには、美容室でのトリートメントと自宅でのケアを組み合わせることが効果的です。

定期的なトリートメントで髪の健康を維持し、美しさを保つことが重要です。

ヘッドスパはどれくらいの頻度で行くべき?

ヘッドスパの効果を最大限に活かすためには、2週間に1度の施術が理想的です。疲労による頭皮のコリやアンチエイジング効果を得るため、凝り固まる前に定期的なケアが重要です。

頭皮の健康維持にヘッドスパを取り入れることがおすすめです。

目次に戻る

男性の場合

男性は1年間に平均5〜6回。2ヶ月に1回がもっとも多い頻度にはなりますが、1.5ヶ月ぐらいがベストと言えます。

男性の頻度が高いのは、短い髪の伸びが目立ちやすいためです。男性のメニュー利用率では、カットが圧倒的に多く、伸びた髪がすぐに目立ちやすくなり、手入れが必要となるためです。例えば、ビジネスマンは清潔感を維持するためにも定期的なカットが欠かせません。

目次に戻る

あとがき

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次