MENU

白髪ぼかしハイライトとは?美容師が教える白髪ぼかしのメリットとデメリットを徹底解説

美容師として20年以上の経験を持つ私が、白髪ぼかしハイライトについて詳しくご紹介します。白髪ぼかしハイライトは、白髪を目立たなくするための新しい手法で、白髪染めを使用せずにハイライトを活用します。

この方法は、白髪がすぐに目立つ方や、白髪染めで髪が傷んでしまう方、明るい髪色を楽しみたい方に特におすすめです。

従来の白髪染めと比べて、白髪が伸びてきたときの印象も自然で、白髪に関する悩みが軽減されると好評です。

この記事では、白髪ぼかしハイライトの特徴や効果、メリット・デメリット、料金やリタッチの頻度、ヘアスタイルなどを解説します。初心者の方でも理解しやすいように丁寧に説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【kishilog運営者のおすすめ】

LaSana PREMIOR(ラサーナ プレミオール)シャンプー

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次
この記事の著者・運営・監修者

運営者 / 美容師
きし かずき

美容業界20年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細

和歌山高等美容専門学校 卒業。

保有資格:美容師免許(美容師免許の概要について)

運営会社
運営会社 株式会社Ll's.エルズ

kishilogは、運営会社 株式会社Ll's.エルズ(法人番号:4170001015687)が運営・管理しています。当サイトで掲載する情報は、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」、および景品表示法「比較広告に関する景品表示法上の考え方」に基づいています。これにより、公正かつ透明性のある比較と広告紹介を行っております。

スクロールできます

監修 / 美容室

hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)

和歌山市、宮前駅から徒歩10分のところにある「hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)」は、美意識が高い大人の女性たちに人気のサロンです。

その魅力的なメニューと家族で利用できる環境が、多くの方々を引き寄せています。

特に艶髪に注力したサービスを展開しています。髪の健康と美しさを追求するヘアエステ、髪の輝きを引き出すカラーや縮毛矯正など、心からリラックスしながら美を追求するひとときを楽しむことができます。

監修者 / 美容師
廣瀬 幸奈

hair make lonlo代表。

奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。

監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

監修者 / hair Designer
谷本 昌浩

美容室Re:berta チーフディレクター。

和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

 

白髪ぼかしハイライトとは?

白髪ぼかしハイライトとは?

白髪ぼかしハイライトとは、白髪をカバーするための独特な方法です。白髪染めは髪全体を染め上げるため、薬剤の強さから髪と頭皮にダメージを与えることが多いですね。この問題を解決するために、白髪ぼかしハイライトが推奨されることがあります。

どういう方法なのか?

どういう方法なのか?

白髪ぼかしは、白髪染めとは異なり、白髪を直接染めずにハイライトを使う方法や、白髪と地毛の境目をぼかす方法など、柔らかな印象を与えるためのテクニックです。具体的には、地毛を明るくしたり、生え際の境目をぼかしたり、ハイライトとローライトを加えることで、自然な仕上がりを目指します。

メリットは?

メリットは?

白髪染めと比較して、白髪ぼかしは髪へのダメージが少なく、より自然な仕上がりが期待できます。頭皮への負担も少ないため、肌に敏感な方にもおすすめです。

白髪ぼかし[白髪ぼかしハイライト]は、白髪を染めずにハイライトを使って白髪をカバーする方法です。一般的な白髪染めに比べて髪と頭皮へのダメージが少なく、自然な仕上がりが期待できるため、髪への負担を気にする方におすすめの方法です。具体的な技法としては、地毛を明るくしたり、ハイライトとローライトをプラスすることで白髪の境目をぼかすなどがあります。美しい白髪ぼかしは、多くの美容室で取り入れられております。

白髪ぼかしハイライトのデメリットと注意点

白髪ぼかしハイライトとは、髪に素敵なアクセントを加える方法の一つですが、全てが良いわけではありません。以下に、そのデメリットと注意すべきポイントを解説します。

デメリット

項目詳細
髪への負担ブリーチによる色抜きの後に色を重ねるため、通常のヘアカラーよりダメージが強い。
施術時間の増加ブリーチとカラーの2度の処理が必要なため、通常よりも1時間程度時間がかかります。
褪色後のカラーの明るさカラーが褪色した際に、ブリーチで抜いた明るさに戻ると、髪の明るさが気になることがある。
定期的なメンテナンスの必要性白髪の染める頻度は減りますが、カラーを保つために定期的なメンテナンスが必要です。

注意点

白髪ぼかしハイライトは、見た目に鮮やかな印象を与えますが、髪に対する負担が大きく、時間とメンテナンスの手間も必要です。この方法を選ぶ前に、美容師とよく相談し、自分の髪のタイプやライフスタイルに合うか確認することが重要ですね。

目次に戻る

白髪ぼかしハイライトのおすすめの人

白髪ぼかしハイライトのおすすめの人

白髪ぼかしハイライトは、全体的な白髪染めとは異なり、特定の部分に白髪がちらほら見られる方や、白髪の成長を目立たせずにカバーしたい方に特におすすめです。

通常の白髪染めに比べ、メンテナンスの頻度を減らすことが可能で、自然な髪の立体感も保ちながらおしゃれに白髪を取り入れることができます。今まで白髪染めに迷っていた方も、白髪ぼかしハイライトなら新しいスタイリングの一環として楽しめるかもしれません。

白髪ぼかしハイライトをおすすめする対象者は以下の通りです。

  • 白髪が髪全体に広がっていなく、所々に見られる方
  • 伸びてきた白髪を目立たせずに処理したい方
  • 白髪染めのメンテナンスを少なくしたいと思っている方
  • 立体感のある髪型を楽しみながら、白髪も上手にカバーしたい方

従来のハイライトと白髪ぼかしハイライトの違い

従来のハイライトと白髪ぼかしハイライトの違い

白髪ぼかしハイライトと通常のハイライトは、それぞれ異なる目的と手法を持っています。白髪ぼかしハイライトは、白髪を目立たせずに自然に見せるための技術で、白髪部分に明るい色を使用し、自然なグラデーションを作り出します。一方、通常のハイライトは、髪全体に明るさや立体感を加えるために使用され、髪の一部を選んで明るい色を塗り、髪全体にアクセントを加えます。それぞれのハイライトは、適切な手順と時間をかけて施され、最終的には髪を洗い流して完成します。

白髪ぼかしハイライトと通常のハイライトは、それぞれ異なる目的と手法を持っています。白髪ぼかしハイライトは、白髪を目立たせずに自然に見せるための技術です。一方、通常のハイライトは、髪全体に明るさや立体感を加えるために使用されます。

具体的な手順としては、白髪ぼかしハイライトでは、

髪を洗い乾かした後、白髪部分に明るい色のヘアカラー剤を用意します。通常、髪の根元から中間部分にかけて明るい色を使用します。ヘアカラー剤を適切なブラシやボトルで白髪部分に塗布します。

塗布する際には、自然なグラデーションを作るために、髪の中間部分から毛先に向かって徐々に薄くなるように塗ります。

ヘアカラー剤を塗布した後、適切な時間放置します。指定された時間が経過したら髪を洗い流します。

一方、通常のハイライトでは、

髪を洗い乾かした後、ハイライトを入れる部分を選びます。

通常、髪の表面や顔周りなど、アクセントを加えたい部分を選びます。明るい色のヘアカラー剤を用意します。

通常のハイライトでは、明るい色を使用して髪の一部を塗ります。ヘアカラー剤を適切なブラシやボトルで選んだ部分に塗布します。塗布する際には、髪の中間部分から毛先に向かって徐々に薄くなるように塗ります。

ヘアカラー剤を塗布した後、適切な時間放置します。指定された時間が経過したら髪を洗い流します。

  1. 白髪ぼかしハイライトは、白髪を目立たせずに自然に見せるための技術です。
  2. 通常のハイライトは、髪全体に明るさや立体感を加えるために使用されます。
  3. 白髪ぼかしハイライトでは、白髪部分に明るい色を使用し、自然なグラデーションを作り出します。
  4. 通常のハイライトでは、髪の一部を選んで明るい色を塗り、髪全体にアクセントを加えます。
目次に戻る

サロンで白髪をぼかすメリットと、それにかかる頻度や費用について

サロンで白髪をぼかすメリットと、それにかかる頻度や費用について

白髪ぼかしは、自宅で市販のカラー剤を使っても行うことができますが、良い仕上がりにするのは技術が求められるため難しいこともあります。

サロンで白髪ぼかしを受ける利点

サロンで白髪ぼかしを受ける利点

例えば、自分でやると色が思い通りにならなかったり、染めた部分と地毛がうまく馴染まなかったり、ハイライトの量を調整するのが難しいなどの問題が生じることがあるため、プロのスタイリストにお任せするのがおすすめです。

白髪ぼかしの持続期間、頻度、料金

白髪ぼかしの持続期間、頻度、料金

白髪ぼかしの持ちはどうなのでしょうか?また、通う頻度や料金はどれくらいかかるのでしょうか?

このように、サロンでの白髪ぼかしは自分で行うよりも確かな技術で望む仕上がりになり、通常の白髪染めに比べてメンテナンス頻度が少なくなるため、コストパフォーマンスにも優れています。プロのスタイリストにお任せすることで、自宅での失敗を避け、素敵なヘアスタイルを楽しむことができますよね。

目次に戻る

白髪ぼかしハイライトのヘアスタイル

白髪ぼかしハイライトのヘアスタイル

ブリーチによるインパクトメッシュ

丸顔の方には、目の下に少し掛かる前髪でサイドに流れるレイヤーカットがおすすめでございます。これにより、お顔の輪郭が引き締まり、スタイリッシュな印象を与えます。また、毛先に軽さと動きを出すことで、こなれた印象を演出することが可能です。

アッシュカラー&レイヤースタイル

「アッシュカラーとセミロングのハネレイヤースタイル」は、髪の段差を作ることで髪に空間を生み出し、軽快で動きのある髪型を実現します。

ベージュカラー&ボブスタイル

一方、面長の方には、耳横あたりにボリュームを出したひし形シルエットの外ハネスタイルがおすすめでございます。横にボリュームを出すことで、ひし形のシルエットが作り出され、面長の方でもスッキリとした小顔効果を得ることができます。

目次に戻る

白髪ぼかしハイライトについてQ&A

白髪ぼかしハイライトについてQ&A

白髪ぼかしハイライトはどれくらい持ちますか?
白髪ぼかしハイライトはどれくらい持ちますか?

白髪ぼかしハイライトを施した後の状態は、白髪が目立ちにくい状態が約1.5〜2カ月程度続くとされています。根元や生え際の白髪が目立ち始めたら、次回の美容室の予約を考える時期となります。2回目の施術では、必ずしもハイライトを追加する必要はありません。

  • 白髪ぼかしハイライトの効果は約1.5〜2カ月続く。
  • 根元や生え際の白髪が目立つようになったら、美容室の予約を考える。
  • 2回目の施術では、必ずしもハイライトを追加する必要はない。
  • 白髪ぼかしハイライトは、白髪を目立たなくする効果がある。
  • 白髪ぼかしハイライトの効果の持続期間は、個人の髪の成長速度や生活習慣による。

ハイライトで白髪をぼかすには?
ハイライトで白髪をぼかすには?

白髪を自然に見せるためのハイライトの施し方は、まず全体的に髪を染め上げます。その上で、全体よりも明るいハイライトを多めに配置します。白髪が増えてくると、新しく生えてきた白髪が気になり始めます。その際は、白髪の生えている場所や量に応じてハイライトを追加し、新しく生えてきた白髪をハイライトの一部として見せることで、自然にぼかすことが可能となります。

  1. 全体的に髪を染め上げる。
  2. 全体よりも明るいハイライトを多めに配置する。
  3. 白髪が増えてくると、新しく生えてきた白髪が気になる。
  4. 白髪の生えている場所や量に応じてハイライトを追加する。
  5. 新しく生えてきた白髪をハイライトの一部として見せることで、自然にぼかす。

白髪ぼかしハイライト 何ヶ月おき?
白髪ぼかしハイライト 何ヶ月おき?

白髪ぼかしハイライトは、白髪を自然に隠すことが可能な技術で、全体的にハイライトが施されたような髪色デザインを作り上げます。しかし、この技術を維持し続けるためには、定期的なメンテナンスが必要となります。具体的には、最低でも2ヶ月後には再度ハイライトを入れることをお勧めします。ハイライトの色調や施術のタイミングは、個々の髪の状態や白髪の量によります。このように、白髪ぼかしハイライトは、白髪を上手にカモフラージュしながら、髪全体を明るく見せる効果を持つ技術です。ただし、その効果を維持するためには、定期的なケアが必要となりますので、ご注意ください。

白髪ぼかしハイライトの失敗例は?
白髪ぼかしハイライトの失敗例は?

白髪ぼかしハイライトの施術は、その効果を最大限に引き出すためには専門的な技術と知識が必要となります。しかし、時折、施術が思うように進まない事例が見受けられます。以下に、そのような失敗例をいくつかご紹介いたします。

  1. 美容師が白髪ぼかしの概念を理解していない場合、白髪部分が過度に暗く染められてしまうことがあります。これは、白髪ぼかしハイライトの目的である自然な見た目を損なう結果となります。
  2. デザイン系の白髪ぼかしハイライトのメンテナンスを他の美容師に依頼した場合、その美容師が前回の施術の詳細を把握していないと、結果が一貫しないことがあります。
  3. 髪が大きくダメージを受けている場合、ハイライトなどの施術が困難になることがあります。このような状況では、まずは髪の健康を回復させることが重要です。
  4. 髪がクセ毛やうねりが強い場合、デザインやツヤを表現するのが難しいことがあります。このような髪質の場合、適切なケアとスタイリングが必要となります。

これらの失敗例を避けるためには、白髪ぼかしハイライトの施術を行う美容師の選択が重要となります。また、自身の髪質や状態を正確に伝え、適切なアドバイスを受けることも大切です。

白髪ぼかしハイライト 何色がいい?
白髪ぼかしハイライト 何色がいい?

白髪ぼかしハイライトの色選びは、白髪の量や分布によります。全体に均等に白髪が分布している場合は、筋感のあるハイライトが効果的です。一方、白髪が全体の60%程度になってきた場合は、細かいハイライトを用いて白髪を自然にぼかす方法が効率的です。色味としては、グレージュ、ベージュ、アッシュグレーなどがおすすめです。これらの色は、白髪と自然に馴染み、美しい仕上がりを実現します。

ハイライトをやめたいのですが、どうしたらいいですか?
ハイライトをやめたいのですが、どうしたらいいですか?

ハイライトからの卒業をお考えの方には、美容院でのカラーリングが最適な解決策となります。何度も暗めの色で染めることで、カラー色素が髪の毛にしっかりと定着し、色が抜けにくくなります。この方法を繰り返すことで、ハイライトの色が自然に薄れていきます。

目次に戻る

あとがき

あとがき

以上、白髪ぼかしハイライトについての詳細をお伝えしてきました。このテクニックは、自然な見た目を保ちつつ、白髪を上手にカモフラージュするための効果的な方法です。しかし、その一方で、定期的なメンテナンスや髪へのダメージへの配慮も必要となります。

白髪ぼかしハイライトは、自分の髪に新たな命を吹き込むための一つの選択肢と言えます。それは、あなたが自分自身を表現するための一つの手段であり、自信を持って年齢を重ねるための一助となります。

この記事があなたの白髪との向き合い方に新たな視点を提供できたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次