MENU
洗い流さないトリートメントおすすめランキング詳しくはこちら

ハニーチェ クリーミーハニーシリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全2種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

当ページのリンクにはPR・広告が含まれています。

kishilog(きしろぐ)では、アフィリエイト広告が掲載されることがあります。これは、特定の商品やサービスを紹介し、その紹介から商品が購入されると手数料を受け取る仕組みのものです。ですが、一方で消費者庁が主張する通り、「宣伝や表現」「Google広告ポリシー」「薬機法」に配慮し、株式会社Ll's.が作成にしています。私たちもその点は重視し、公平かつ透明性のある内容の提供を心掛けています。

私たちは、消費者庁国民生活センター厚生労働省のガイドラインを厳守し、公正で誤解のない情報を提供することに取り組んでいます。そして、その中でアフィリエイト広告を用いたビジネスも行っておりますが、その全ては読者の皆さんに対して有益で質の高い情報を提供するための手段の一つです。私たちが推奨する製品やサービスは、本当に信頼性のあるものだけであり、読者の皆様にとっての害となることはないよう日々配慮しております。

私たちは、読者の皆様からのフィードバックを大切にしております。万が一、私たちのサイト上で不適切な表現や表記を見つけた場合は、どんな小さなことでもお知らせいただけると幸いです。あなたのご意見や感想は、私たちのサイトをよりよいものにするための重要な指針となります。

Honeyce(ハニーチェ)のクリーミーハニーシリーズは、ダメージヘアの修復と保護に特化した洗い流さないトリートメントです。このシリーズは、ヘアミルクとヘアオイルの2つの製品で構成されており、乾燥した髪に潤いを与えるのに加え、深い補修と輝きを提供します。主要な成分である生ハチミツと生クリームは、髪に栄養を与えながらダメージをケアし、傷んだキューティクルに高蜜着して徹底的に補修し、新たなダメージを予防します。また、こだわりのフリー処方で、パラベンやシリコン、合成着色料などの有害な成分を避け、肌や髪にやさしい製品を提供しています。

Honeyce(ハニーチェ)のクリーミーハニーシリーズは、ダメージヘアを修復し、保護するための特別な洗い流さないトリートメントです。

2つの製品があり、乾燥した髪に潤いを与えるだけでなく、深い補修と輝きを提供します。主要成分である生ハチミツと生クリームは、髪のダメージをケアし、健康な髪を育てます。

今回の記事では、Honeyce(ハニーチェ)シリーズの洗い流さないトリートメントのどれを選ぶべきか良い・悪い口コミや評判を検証しつつ、全シリーズの特徴や比較をまとめました。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

タップする目次
この記事の著者・運営・監修者

運営者 / 美容師
きし かずき

美容業界20年以上のキャリアがあり、当サイトの運営をしています。当サイトでは、主にシャンプー・洗い流さないトリートメント・スタイリング剤(ワックス)・ヘアマスク&ヘアパックなど美容に役立つアイテムのレビューをしています。約500種類以上のアイテムを使用、美髪つくりに役立つ情報発信をしています。株式会社Ll's. 代表取締役。プロフィール詳細

和歌山高等美容専門学校 卒業。

保有資格:美容師免許(美容師免許の概要について)

運営会社
運営会社 株式会社Ll's.エルズ

kishilogは、運営会社 株式会社Ll's.エルズ(法人番号:4170001015687)が運営・管理しています。当サイトで掲載する情報は、消費者庁の「アフィリエイト広告等に関する検討会 報告書」、および景品表示法「比較広告に関する景品表示法上の考え方」に基づいています。これにより、公正かつ透明性のある比較と広告紹介を行っております。

スクロールできます

監修 / 美容室

hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)

和歌山市、宮前駅から徒歩10分のところにある「hair make lonlo(ヘア メイク ロンロ)」は、美意識が高い大人の女性たちに人気のサロンです。

その魅力的なメニューと家族で利用できる環境が、多くの方々を引き寄せています。

特に艶髪に注力したサービスを展開しています。髪の健康と美しさを追求するヘアエステ、髪の輝きを引き出すカラーや縮毛矯正など、心からリラックスしながら美を追求するひとときを楽しむことができます。

監修者 / 美容師

廣瀬 幸奈

hair make lonlo代表。

奈良・和歌山と下積みを10年経て独立。色んな美容情報を配信、ヘアケアマイスタープライマリー、化粧品検定、2017saita mookヘアカタログ掲載・美容コンテスト受賞多数。

監修者ページはこちら。主にヘアケアを中心に、シャンプー洗い流さないトリートメントの記事を監修

監修者 / hair Designer

谷本 昌浩

美容室Re:berta チーフディレクター。

和歌山・横浜と下積みを10年経て活躍する美容師スタイリスト。「ハイリスク矯正」「他店の失敗リカバリー」「アンチエイジング矯正」「抗がん剤後のくせ毛対策」など、クセ毛に特化した独自のメソッドで全国からさまざまな客層から支持される。監修者ページはこちら

主にくせ毛、縮毛矯正、スタイリング剤ヘアマスクの記事を監修

Honeyce(ハニーチェ)シリーズの洗い流さないトリートメント全種類の特徴

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニーシリーズの洗い流さないトリートメント製品は、ダメージヘアの根本的な修復を目指しています。その中でも、特にヘアミルクやヘアオイルは、使用後も持続する髪の柔らかさと輝きを実現します。

ヘアミルクとヘアオイルの主な違いは、ヘアミルクが特に乾燥しがちな髪に潤いを提供するのに対し、ヘアオイルはより深い補修と輝きを与える点にあります。

配合されている生ハチミツと生クリーム成分が、髪に栄養を与えながらダメージをケアします。

傷んだキューティクルに高蜜着して徹底的に補修し、新たなダメージを未然に防ぎます。有害な成分を避け、肌や髪にやさしい製品を提供することで、安心して使用できます。

Honeyce(ハニーチェ)のクリーミーハニーシリーズは、その独自の成分配合とこだわりのフリー処方により、ダメージヘアの根本的な修復を目指しています。

傷んだキューティクルに高蜜着して徹底補修するとともに新たな髪ダメージを予防

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニーシリーズの製品は、特に傷んだキューティクルの修復と保護に優れています。

生ハチミツと生クリーム成分が、傷んだ髪のキューティクルに密着し、栄養を効率よく届けます。これにより、キューティクルが徹底補修され、さらにHoneyce(ハニーチェ) ヘアオイルやHoneyce(ハニーチェ) ヘアミルクに含まれる豊富な保湿成分が新たなダメージを未然に防ぎます。

髪を内側から健康に保ち、しなやかで輝く髪へと導きます。また、定期的な使用により、継続的な保護効果を実感できます。

生ハチミツと生クリーム成分配合

生ハチミツと生クリーム成分は、Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニーシリーズのコア成分として注目されています。これらは天然由来の保湿成分であり、髪に潤いと栄養をたっぷりと供給します。

特に、生ハチミツは天然の保湿剤であり、抗酸化作用も持ち合わせているため、髪の酸化を防ぎつつ、乾燥から守ります。

一方、生クリーム成分は髪に滑らかさと輝きをもたらし、触れたくなるような質感に仕上げます。二つの成分が相乗効果を生み出し、傷んだ髪を根本から修復し、健康的な髪へと導きます。

こだわりのフリー処方

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニーシリーズは、髪と頭皮にやさしいこだわりのフリー処方で開発されています。

パラベン、シリコン、合成着色料など、髪に負担をかけうる成分を避け、自然由来成分に重点を置いています。これにより、敏感肌の方や、髪にやさしいケアを求める方にも安心してご使用いただけます。

肌と髪への優しさを追求し、長期的な健康や美しさに寄与する製品を提供することが、Honeyce(ハニーチェ)のコンセプトです。

Honeyce(ハニーチェ) 洗い流さないトリートメントシリーズ
  • Honeyce(ハニーチェ)クリーミーハニー ヘアミルク
  • Honeyce(ハニーチェ)クリーミーハニー ヘアオイル

Honeyce(ハニーチェ)クリーミーハニー ヘアミルクの特徴

全成分を見る

  • ジメチコノール
  • ジメチコン
  • トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2
  • ポリクオタニウム-37
  • ハチミツ
  • 加水分解ハチミツタンパク
  • 乳脂
  • シア脂
  • ヨーグルト液(牛乳)
  • γ-ドコサラクトン
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • セバシン酸ジエチル
  • アルギニン
  • セトリモニウムクロリド
  • セテアリルアルコール
  • アミノプロピルジメチコン
  • 乳酸
  • オキシベンゾン-4
  • エチドロン酸4Na
  • BG
  • イソプロパノール
  • フェノキシエタノール
  • 香料

広がり、パサつく髪に

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクは、特に広がりがちでパサつく髪に向けた製品です。

毛先の乾燥やパサつきを抑え、髪をしっとりとまとめあげます。

日々のケアに取り入れることで、扱いやすい髪質へと改善し、外出時のスタイリングも容易になります。

マカデミアナッツオイル配合

このヘアミルクにはマカデミアナッツオイルが配合されており、髪に豊かな潤いを提供します。

このオイルは軽やかでありながら、深い保湿力を持つため、重くなりすぎず、さらさらとした仕上がりを実現します。また、この成分は髪を柔らかくし、扱いやすい状態へと導きます。

毛先までまとまり続くうるツヤ髪へ導く

Honeyce(ハニーチェ)クリーミーハニー ヘアミルクの使用感は軽やかでありながら、その効果は長持ちします。

1日中、毛先までまとまり続くうるツヤ髪を実現し、日々のヘアケアが楽しくなるはずです。

さらに、ヘアミルクとヘアオイルの併用により、その効果はさらに高まり、理想的な髪質へと近づくことができます。

ふんわり魅惑のほめられハニーの香り

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイルは、使用するだけでなく香りにもこだわった製品です。

ほんのりと甘く、どこか懐かしさも感じさせるハニーの香りが特徴です。このふんわりとした香りは、日常生活にさりげない幸せをもたらします。また、ハンドクリームにも同様の香りが使用されており、ヘアケアとボディケアを同じ香りのラインで揃えることができます。

こうした細部にまでこだわりを持つHoneyce(ハニーチェ)の製品は、使う人を魅了し続けています。

Honeyce(ハニーチェ)クリーミーハニー ヘアオイルの特徴

全成分を見る

  • シクロペンタシロキサン
  • ジメチコノール
  • ジメチコン
  • ハチミツ
  • 加水分解ハチミツタンパク
  • 乳脂
  • シア脂
  • マカデミアナッツ油
  • γ-ドコサラクトン
  • ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
  • セバシン酸ジエチル
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
  • アミノプロピルジメチコン
  • (ビスイソブチルPEG/PPG-10/7/ジメチコン)コポリマー
  • フェノキシエタノール
  • 香料

ダメージ、乾燥、絡まる髪に

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイルは、特にダメージを受けた髪、乾燥しやすい髪質、または絡みやすい髪のためにデザインされています。

ハイダメージを受けた髪には十分な栄養と保湿が不可欠であり、このヘアオイルはそれらをしっかり補給します。また、乾燥する原因となる外部環境から髪を守る役目も果たします。

髪が絡まるのを防ぎ、指通りの良い状態を長時間保持できるように作られているため、日頃からのケアに最適です。中には、Honeyce(ハニーチェ) シャンプーやヘアマスクと併用することで、より効果的なケアが可能になる製品もあります。

ヨーグルト成分配合

このヘアオイルの魅力の一つは、そのヨーグルト成分にあります。ヘアケア製品にヨーグルト成分が使われることはまだ珍しく、この成分が持つ保湿力や栄養補給能力によって、髪の毛を健やかに保つことができます。

ヨーグルトの酸味が頭皮の健康をサポートし、保湿と栄養を同時に髪に与えることで全体のコンディションを整えます。

乾燥やダメージによる髪の問題を抱える人にとって、毎日のケアとしてこの製品を取り入れることで、健康な髪へと導く手助けをします。

ベタつき知らずのうるサラ髪へ

多くのヘアオイルが持つ悩みの一つに、「ベタつき」があるものの、Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイルはその問題を解決します。

特殊なフォーミュラにより、髪にしっかりと栄養を与えつつ、使用後の髪がベタつかないように工夫されています。この結果、うるおいに満ちたしなやかな髪へと導きます。

さらに、ヘアミルクやトリートメント製品との併用により、ヘアケアの幅が広がります。また、ヘアケアの順番としては、シャンプーの後、洗い流さないトリートメントとしてヘアオイルを使うことが推奨されています。

ふんわり魅惑のほめられハニーの香り

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイルは、使用するだけでなく香りにもこだわった製品です。

ほんのりと甘く、どこか懐かしさも感じさせるハニーの香りが特徴です。このふんわりとした香りは、日常生活にさりげない幸せをもたらします。また、ハンドクリームにも同様の香りが使用されており、ヘアケアとボディケアを同じ香りのラインで揃えることができます。

こうした細部にまでこだわりを持つHoneyce(ハニーチェ)の製品は、使う人を魅了し続けています。

目次に戻る

Honeyce(ハニーチェ) シリーズの洗い流さないトリートメントの口コミ・評判まとめ

良い口コミ・評判まとめ
  • 使い心地がいい
  • 他のHoneyce(ハニーチェ)製品との相性も良好
  • 髪がしっとりする
悪い口コミ・評判まとめ
  • ベタつきが残ってしまう
  • 香りが強すぎる
  • 効果を実感できなかった

近年、自宅で簡単にサロン品質のケアを求める声が高まる中、Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニーシリーズから登場した洗い流さないトリートメントが注目を集めています。

このトリートメントは、特に乾燥やダメージに悩む方からの支持を得ており、その人気の秘密は、はちみつをはじめとする保湿成分が髪に潤いを与える点にあります。

Honeyce(ハニーチェ) シリーズの洗い流さないトリートメントの良い口コミ・評判まとめ

  1. 「髪に馴染みやすく、使い心地がいいです。特に冬場の乾燥する時期に重宝しています。」
  2. 「他のHoneyce(ハニーチェ)製品との相性も良好です。ヘアケアの一環として取り入れやすいです。」
  3. 「繰り返し使用しているうちに、髪がしっとりとしてきます。乾燥によるパサつきが気にならなくなります。」

Honeyce(ハニーチェ) シリーズの洗い流さないトリートメントの悪い口コミ・評判まとめ

  1. 「ベタつきが残ってしまい、次の日の髪のセットが難しいことがあります。」
  2. 「香りが強すぎるので、匂いが苦手な人には向かないかもしれないです。」
  3. 「利用してみたものの、個人的には価格に見合った効果を実感できなかったです。」
目次に戻る

美容師が教える!Honeyce(ハニーチェ) シリーズの洗い流さないトリートメントの失敗しない選び方

美容師として多くの髪質やお客様の悩みに対応してきた経験から、適切なヘアケア商品の極めは重要であると感じています。

特にHoneyce(ハニーチェ) クリーミーハニーシリーズのような品質の高いトリートメントは、その選び方一つで髪質に大きな差をもたらします。

今回は、洗い流さないトリートメントの中でも特に人気の高い商品をピックアップし、髪質に応じた選び方を紹介します。

まずは髪の状態を知る

洗い流さないトリートメントを選ぶ前に、まずは自分の髪の状態を知ることが大切です。

髪が乾燥しているのか、脂性なのか、またはダメージがあるのかなど、自分の髪の状態を把握することで、自分に合った洗い流さないトリートメントを選ぶことができます。

例えば、乾燥してパサついている髪には、潤いを与える成分が豊富な洗い流さないトリートメントがおすすめです。

軟毛・ボリュームアップなら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイル」

軟毛の方は髪にボリュームが少なく、ペタッとしやすい悩みがあります。そんな軟毛の方には、「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイル」がおすすめです。

このヘアオイルは、軽やかなテクスチャーながら髪にしっかりと栄養を与え、健康的なボリューム感と輝きをもたらします。しっとりとした仕上がりが欲しいけれど、重たくなり過ぎるのは避けたい方に適しています。

Honeyce(ハニーチェ)のヘアオイルを使うことで、髪に自然なボリュームと潤いを与え、思わず触れたくなるような柔らかな質感を実感できます。

しっとり・ボリュームダウンなら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルク」

逆に硬毛でボリュームがありすぎてまとまりにくい、または乾燥でパサつきがちな髪質の方には、「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルク」が最適です。

ヘアミルクは、髪に潤いと栄養をたっぷりと供給し、ごわつきを抑えながら自然な落ち着きをもたらすために開発されています。

しっとりとしたツヤやかな仕上がりが特徴で、使い続けることで髪の乾燥によるダメージを防ぎます。また、ヘアミルクとヘアオイルのどちらを選ぶか迷う場合は、その日の髪の状態や求めるスタイリングに応じて併用することもおすすめです。

バランス型・迷ったら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイル」

バランス型の髪質で特に悩みがない場合や、どちらの商品を選ぶべきか迷った際は、ユニバーサルな「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイル」を選択するのが良いです。

ヘアオイルは、幅広い髪質の方に対応しやすく、使い方によっては様々なスタイリングに活用できるため、一本持っていると非常に便利です。

サラリとした使用感でありながら、髪に深い潤いと輝きを与えることができるため、多くの方々に愛用されています。

洗い流さないトリートメントの成分の内容について

次に、洗い流さないトリートメントの成分をチェックします。

これにより、髪に優しく、効果的に働きかけることができます。

特に、髪が乾燥してパサついてしまったり、髪がダメージを受けてしまったりした人にはおすすめです。

このように、洗い流さないトリートメントの成分を理解することで、自分の髪に必要なケアを提供できる洗い流さないトリートメントを選ぶことができます。

パーマなら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイル」

パーマを施した髪は、特有の乾燥やダメージに悩まされることがあります。そんな時、Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイルは髪に潤いを与えながら、パーマのもつカーリー感を美しく保ちます。

この製品には、保湿性に優れたはちみつやオーガニック成分が豊富に配合されており、パーマヘアを健やかに保つことに特化しています。

ヘアオイルの使用後は、トリートメント効果で髪がまとまりやすくなり、自然な輝きを放ちます。また、Honeyce(ハニーチェ)シリーズは公式サイトやamazonなどでも購入可能で、Honeyce(ハニーチェ) ヘアオイル 売ってないという心配は無用です。

ヘアカラーなら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルク」

ヘアカラーを施した髪は、色持ちが命。Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクは色褪せを防ぎつつ、カラーリングによるダメージから髪を守ります。

このヘアミルクには、カラーリングした髪に必要な栄養を補給する成分がふんだんに含まれており、染めたての色鮮やかさを長持ちさせる助けとなります。特に、洗い流さないトリートメントとしての使用がおすすめで、シャンプーの後のケアにもピッタリです。

Honeyce(ハニーチェ) ヘアミルク 販売店は全国にあるため、手に入れやすいのも魅力の一つです。

縮毛矯正・ストレートヘアなら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルク」

縮毛矯正やストレートパーマをかけた髪には、日々のケアが重要。Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクは、ストレートヘアを美しく保ちながら、失われがちな潤いをしっかり補います。

洗い流さないトリートメントとしても活用できるこのヘアミルクには、髪を補修し、さらさらに仕上げる成分が多く含まれており、かけたばかりのストレートスタイルを長期間キープするのに役立ちます。

さらに、香りも穏やかで心地よいため、毎日のケアが楽しめます。

洗い流さないトリートメントの香りも大事

最後に、洗い流さないトリートメントの香りも大切です。

洗い流さないトリートメントを使うとき、その香りに癒されることで、洗髪時間がリラックスタイムに変わります。

今回のシリーズの洗い流さないトリートメントは、自然由来の成分から作られた優しい香りが特徴です。自分が好きな香りの洗い流さないトリートメントを選ぶことで、毎日の洗髪が楽しみになりますよ。

香りは共通の「ローズやベルガモット」なので、どれを選んでも良い

Honeyce(ハニーチェ)シリーズ全体を通していえる特徴の一つが、その香りの良さです。ローズやベルガモットの優雅な香りは、どの製品を使用しても楽しむことができます。

香りによるリラックス効果も見込め、心地よい風合いが髪全体を包み込みます。この香りは、多くの人から好まれる傾向にあり、日常生活の中でふわっと香るたびに気分をリフレッシュできます。

シャンプーやヘアミスト、ヘアオイルに至るまで、お気に入りの香りを纏うことで、自分らしいヘアケアの時間を過ごせます。

目次に戻る

実際に使ってみたレビュー検証とおすすめの髪質や香りについて

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニーシリーズは、シャンプーやトリートメント、ヘアオイル、ヘアミルクと幅広いラインナップを誇り、その中でも洗い流さないトリートメントが注目されています。

Honeyce(ハニーチェ)の洗い流さないトリートメントは多種多様で、それぞれの髪質や頭皮の状態、そしてヘアケアの目的に合わせて選ぶことができます。

ここでは、それぞれの目的別に試してみたレビューとおすすめの洗い流さないトリートメントを紹介します。

ヘアケア・髪質・バランスの良いおすすめなら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイル」

ヘアミルクヘアオイル

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイルは、栄養豊富な天然成分を配合しており、どんな髪質にもバランス良く対応してくれる製品です。

このオイルの最大の特徴は、髪に潤いを与えつつ、それでいて重たくなりすぎず、自然なまとまりを生み出す点です。

非常に使いやすくて効果性も高い

私が実際に使用してみた結果、ドライヤーの熱から髪を保護してくれるだけでなく、紫外線や外的ストレスからも守ってくれる効果を実感します。

特にヘアケアが面倒だと感じている人や、使い心地が軽いものを好む人にとっては最適な選択肢と言えます。

くせ毛におすすめなら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルク」

ヘアミルクヘアオイル

くせ毛を持つ人にとって、髪のまとまりとおさまりは重要なポイントです。

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクは、そんな悩みを解消してくれるアイテムです。

洗い流さないトリートメントとしても使用でき、くせ毛特有の広がりを抑えつつ、自然な美しさを引き出してくれます。

ヘアミルクとヘアオイルの使用順番に悩む方も多いですが、このヘアミルクならシャンプーの後にさっと一つで完結。継続することで、髪質改善にもつながります。

まとまりやおさまりがいい

くせ毛の方が日々直面するのが、髪の扱いづらさ。特に湿気の多い日などは、髪が思い通りにまとまらずイライラすることも。しかし、Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクを使えば、そんな悩みも過去のものになります。

このヘアミルクは、髪に潤いを与えながらくせ毛特有の広がりを抑え、自然なまとまりをもたらします。また、Honeyce(ハニーチェ)シャンプーやヘアマスクと併用することで、さらに効果を高めることができます。

販売店やamazonでも好評で、口コミでもその効果が実感できると高評価です。ヘアミルクが売ってないと思われる場合でも、公式サイトや一部の販売終了情報とは異なり、実店舗やオンラインで手に入れることが可能です。

猫っ毛におすすめなら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイル」

ヘアミルクヘアオイル

細くて柔らかい猫っ毛は、べたつきがない軽やかな仕上がりが求められます。

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイルは、そんな希望を叶えるアイテムです。

特にヘアケア後の仕上げに使用すると、サラサラの髪触りになります。また、アンドハニーヘアオイルと比較しても、その使い心地の良さが魅力です。

販売終了の噂もありましたが、現在も多くのファンに愛され続けています。

べたつかない仕上がりに

猫っ毛の髪質は、オイルをつけるとべたつきが気になるものです。しかし、Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアオイルを使えば、その心配は無用です。

軽いテクスチャーながらもしっかりと髪に潤いを与え、べたつかずにサラサラの仕上がりを実現します。

シャンプーとの併用はもちろん、洗い流さないトリートメントとしても効果を発揮し、髪にツヤやハリをもたらします。また、使い方にも工夫ができ、トリートメントと混ぜたり、ヘアオイルとしての順番を変えてみたりすることで、自分の髪質に最も合った使い心地を見つけることができます。

剛毛におすすめなら「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルク」

ヘアミルクヘアオイル

剛毛の髪質は、しっかりとした保湿力が必要です。

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクは、その需要を満たす最適なアイテム。髪に深く浸透し、根本から潤いを補給してくれます。

さらに、ホームケアが簡単にできるため、毎日の使用で髪の質感を改善することが可能です。

保湿力も高くてしっとりする

剛毛の方が直面するのが、髪のパサつきと扱いづらさ。Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクを使えば、これらの問題を一挙に解決できます。高い保湿力で髪をしっとりと潤わせ、扱いやすい柔らかな髪質へと導きます。

さらに、ヘアミルクとヘアオイルの併用知恵袋なども参考にしながら、最適なヘアケア方法を見つけることができます。

エイジングケアなら「どちらも良い」

ヘアミルクヘアオイル

年齢を重ねるにつれて気になるのが、髪質の変化やダメージ。Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクとヘアオイルは、エイジングケアにも最適です。

どちらの製品も、年齢による髪のダメージを補修しながら、髪を美しく保つためのケアを行えます。

年齢による髪のダメージも補修

歳を重ねることで髪はダメージを受けやすくなり、そのケアがより重要になります。

Honeyce(ハニーチェ)の製品は、そんなエイジングケアにも配慮されています。クリーミーハニー ヘアミルクは保湿力で髪をしっかりケアし、ヘアオイルはツヤと潤いをもたらします。また、Honeyce(ハニーチェ)シャンプーとトリートメントを併用することで、さらに高い効果を期待できます。

特にヘアミルクとヘアオイルの選び方に迷ったら、髪質や悩みに合わせて両方試すのも一つの方法です。シャンプーの後に使用する洗い流さないトリートメントとして、継続的なケアを心がけることで、年齢による髪のダメージも徐々に改善していくはずです。

香りで選ぶ

ヘアミルクヘアオイル
ハニーの香りハニーの香り

洗い流さないトリートメントを選ぶときには、その香りもとても大切です。

香りによって、ヘアケアの時間が楽しくなったり、リラックスした気分になったりしますよ。

おすすめシャンプー

【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】
【ラサーナ プレミオール】おすすめする「ヘアケアセット」を徹底解析【厳選シャンプー】

\ 100%美髪成分のヘアケア/

目次に戻る

個人的なおすすめは「Honeyce(ハニーチェ)クリーミーハニー ヘアミルク」

美しい髪を保つためには、適切なヘアケアが欠かせないです。その中でも、私のおすすめは「Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルク」です。このヘアミルクは、髪に潤いとツヤを与えてくれます。

特に乾燥が気になる季節には、このヘアミルクが髪のパサつきを抑え、健康的な美しさを保つのに役立ちます。

さらに、Honeyce(ハニーチェ)の他の製品、例えばHoneyce(ハニーチェ) ヘアオイルやHoneyce(ハニーチェ) シャンプーとの相性も抜群で、組み合わせることでより効果を実感できます。

保湿力が高くて効果性が高い

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクの最大の魅力はその保湿力の高さにあります。

乾燥した髪に必要な潤いをしっかりと届けることで、髪のダメージを防ぎながら健康的な状態を保つことができます。また、はちみつをはじめとする天然成分の恩恵により、髪に自然な輝きをもたらします。

さらに、ヘアケア製品を選ぶ上で気になるベタつきの問題もなく、日常生活の中で快適に使用することが可能です。

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクの効果をより実感したい場合は、同ブランドのHoneyce(ハニーチェ) ヘアマスクやアンドハニー ヘアオイルとの併用がおすすめです。製品間の相乗効果により、髪の悩みを効果的に解決へと導きます。

髪の仕上がりもよくて、まとまりもいい

このヘアミルクを使用した後の髪は、ふんわりとした柔らかさとツヤがあり、まとまりやすくなります。

特に朝のスタイリングが楽になることを多くの利用者が体験しています。また、サラサラとした感触が持続するため、一日中心地よい髪の状態を保つことができます。

本製品はヘアミルクとヘアオイルどちらの利点も備えており、いつでも自分に合った使い方で髪を美しく保つことが可能です。Honeyce(ハニーチェ)の製品は多くの販売店やHoneyce(ハニーチェ) 公式サイト、さらにはAmazonでも容易に手に入れることができますが、一部製品に関しては販売終了のものもあるため、欲しい商品がある場合は早めにチェックすることをおすすめします。

重さは使う量で調節できる

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルクは、その使用量を調節することで仕上がりの重さをコントロールできます。

少量を使えば軽やかな仕上がりに、多めに使えばしっかりとした保湿を感じることができます。そのため、髪質やその日のスタイリングに合わせて、自分に最適な使い方を見つけることができるのです。

この柔軟性が、幅広いニーズに応えるHoneyce(ハニーチェ) ヘアミルクならではの魅力です。また、ヘアミルクとヘアオイルを併用したい場合は、ヘアオイルを先に使った後でヘアミルクを塗ることで、美しい髪を保つためのサポートが可能です。

ベタッとした印象はないので使いやすい

Honeyce(ハニーチェ) クリーミーハニー ヘアミルク」は、その非ベタつきな質感が使いやすさをより一層高めています。

日常生活で快適に使用できるのはもちろん、髪になじみやすく、さりげなく香るはちみつの甘い香りも良い印象を与えます。ベタつかないため、洗い流さないトリートメントとしての使用にも適しており、朝の忙しい時間帯でもすぐに髪を整えることができます。

さらに、Honeyce(ハニーチェ) ヘアオイルと組み合わせることでヘアケアの効果を最大限に引き出すことが可能です。このように、使い勝手の良さは、多くの方から高い評価を受けています。

目次に戻る

Honeyce(ハニーチェ) シリーズの洗い流さないトリートメントの効果的な使い方

ヘアオイルの正しい使い方は、朝使うのか、夜使うのか、使うタイミングによって変わってきます。

それぞれ具体的に解説します。

夜の濡れた髪のヘアオイルの使い方

夜の濡れた髪のヘアオイルの使い方

夜の濡れた髪に適したヘアオイルの使い方。

まずは、ヘアオイルには「洗い流さないトリートメント」と「スタイリング剤」の2種類あるのですが、夜使う際はできるだけ洗い流さないトリートメントを使うようにしましょう。スタイリング剤のヘアオイルを使うと、そのまま寝ると寝具や頭皮地肌がベタつくので注意。

容器に、洗い流さないトリートメントかスタイリング剤か記載されているはずなので確認しましょう。

ここでは洗い流さないトリートメントタイプのヘアオイルを使用します。

POINT

しっかりとタオルで水分をとる

まずはお風呂上がりの髪の水分をしっかりとります。実はここが一番に重要といってもいいです。

というのも、髪に水分が残っていると、ヘアオイルが髪内部に浸透しません。これは髪に水分が残っていると隙間がなく、水分がヘアオイルを入れてくれないからです。水分をしっかりとることでヘアオイルでしっかり水分補給をすることができるのです。

しっかりタオルで水分をとる方法としては、

  1. 頭皮からしっかりタオルでふく
  2. 中間から毛先にかけてにぎるようにタオルで水分をとる
  3. ブラッシングをして髪を整える
  4. また中間から毛先をにぎるようにタオルを水分をとる

②〜④を繰り返すことで、かなり水分をとることができます。全てにおいて優しく、丁寧にするようにしてください。

POINT

手、全体に馴染ませる

ヘアオイルを適量、手に出します。使用量は後述しますが、手に溢れない程度、わからない場合はやや少なめで、自分の髪の量に合わせて使うのがベスト。

手に出してそのまま髪につけるのではなく、しっかりと両の手でなじませます。

POINT

毛先・中間・根本付近の順番で付ける

まずは毛先からつけます、毛先をやさしくつつみこむようににぎり、そのまま中間を全体につけて、残ったヘアオイルを頭皮につけないように、根本付近にもつけます。

全体にまんべんなくつけますが、ヘアオイルが足りないようであれば、少し足してあげても問題ありません。

POINT

全体にブラッシング

できるだけ、大きくて、あらいめのブラシやクシを用意しましょう。目安としては、これぐらい大きなものがおすすめ。私はこれぐらいのコームをお風呂場と洗面所においてあります。

ちなみに、パーマスタイルの方もブラッシングは欠かさずにしましょう。ブラッシングをするとパーマがとれると思う方もいるかもしれませんが、ブラッシングしたあとにウェーブを作り直したほ

POINT

自然乾燥・髪を乾かす

く「髪はドライヤーで乾かさないとダメですか?」と質問がありますが、乾かしたほうが良いのは良いですが、自然乾燥を多少させてから乾かしたほうが効率的です。

自然乾燥が全くダメというわけではないので、ほどよく自然乾燥させてから、ドライヤーで乾かすと効率的でおすすめ。なので逆算してお風呂に入る時間を計算すると良いでしょう。

POINT

8割ほど乾いたら、ヘアオイルをもう一度付ける

ある程度乾いたら、もう一度ヘアオイルをつけましょう。ここでは濡れているときにつけた量の半分、髪質によってはもっと少なくてもOK。乾きにくい・ややベタつい

朝のセット・スタイリングに効果的なヘアオイルの使い方

朝のセット・スタイリングに効果的なヘアオイルの使い方

朝のセットやスタイリングに適したヘアオイルの使い方。

ここでは、洗い流さないトリートメントでもスタイリング剤でもどちらでも構いません。

分かりやすく、分別するとしたら「洗い流さないトリートメントはダメージ補修などができるが、ツヤ感は少ない」「スタイリング剤のほうがツヤはでやすくて、スタイリング時間も長い」ぐらいの感覚です。

髪質や量によって、お好みで使いましょう。私はどっちも使いますが、洗い流さないトリートメントは量が結構使うのでコスパが悪いかなとも思います。

POINT

ブラッシングして整える

まずは全体にブラッシングしてキレイに整えます。

できるだけ優しく、丁寧にしてあげましょう。

POINT

手、全体に馴染ませる

ヘアオイルを適量、手に出します。使用量は後述しますが、手に溢れない程度、わからない場合はやや少なめで、自分の髪の量に合わせて使うのがベスト。

手に出してそのまま髪につけるのではなく、しっかりと両の手でなじませます。

POINT

毛先・中間・根本付近の順番で付ける

まずは毛先からつけます、毛先をやさしくつつみこむようににぎり、そのまま中間を全体につけて、残ったヘアオイルを頭皮につけないように、根本付近にもつけます。

全体にまんべんなくつけますが、ヘアオイルが足りないようであれば、少し足してあげても問題ありません。

POINT

全体を整えつつ、前髪に少しつける

最後に少しヘアオイルを手になじませて、全体のスタイリングをします。

動きをだすなら、表面の髪をつまむ・中間や毛先をにぎる・髪全体にをふるようにつける、などが効果的。

まとまりやツヤ感なら、両の手で髪をはさみすべらす・髪を指でつまんですべらす、などが効果的

前髪にヘアオイルの付け方

前髪にヘアオイルの付け方

前髪はツヤ髪・ツヤ感などスタイリングをする上では、かなり重要であり、うまくいくと全体の美しさが際立ちます。

とはいえ、前髪はとくにべたつきやすいので注意。

POINT

ヘアオイルを少量手にだす

ここは少なめに調整。前髪の長さや量によっても、ヘアオイルの適量は違うの少しづつ足していくようにつけます。これは人によって大きく変わるので、べたつきやすい人はかなり少なめに。

POINT

髪の内側から毛先につける

表面からつけるのではなく、ベタつきにくい内側からつけます。ここも毛先・中間・根本付近の順番に。

POINT

ブラッシングして整える

ここでは、大きめでなくてもOK。わりと細かいコームやブラシでも可愛く仕上がります。お好みで調整しましょう。

ヘアオイルの適切な量について

ヘアオイルの適切な量について

ヘアオイルでは、普通に使ったとしてもキレイにはなりますが、適切な使い方をすることで、より効果を、むしろ最大限に発揮することができます。

量が少なすぎても、多すぎてもダメです。目安となる量もまとめておくので参考にしてください。

髪の長さ適正量
ショート1〜2P
ミディアム・ボブ2〜3P
セミロング2.5〜3.5P
ロング3〜4P
毛量多い場合は+0.5P、ベタつきやすいなら-0,5Pと調整してください
目次に戻る

Honeyce(ハニーチェ)洗い流さないトリートメントシリーズのよくある質問集(Q&A)

Honeyce(ハニーチェ)のヘアミルクはどんな髪質に向いていますか?

Honeyce(ハニーチェ)のヘアミルクは乾燥やダメージが気になる髪質の方に向いています。

保湿成分が髪の毛をしっとりと潤します。

洗い流さないトリートメントのヘアオイルとヘアミルクはどちらがよいですか?

はい、併用できます。

トリートメントで髪に潤いを補給した後、ヘアオイルで潤いを閉じ込めることで、より効果を実感できます。

ヘアオイルはトリートメントの前後、どちらに使用するのが効果的ですか?

一般的には、洗い流すトリートメントの後にヘアオイルを使用することが推奨されています。

髪に潤いを与えた後にオイルでコーティングし、潤いを閉じ込めます。

Honeyce(ハニーチェ)の販売が終了した理由は何ですか?

具体的な理由は公表されていませんが、製品ラインナップの見直しや市場のニーズの変化が影響している可能性があります。

Honeyce(ハニーチェ)の発売日はいつですか?

Honeyce(ハニーチェ)の具体的な発売日は記載されていませんが、詳細はHoneyce(ハニーチェ)の公式サイトや販売店の情報をご確認ください。

目次に戻る

あとがき

きし

Honeyce(ハニーチェ)のクリーミーハニーシリーズは、ダメージヘアの修復と保護に特化した洗い流さないトリートメントです。このシリーズは、ヘアミルクとヘアオイルの2つの製品で構成されており、乾燥した髪に潤いを与えるのに加え、深い補修と輝きを提供します。

ひろせ

主要な成分である生ハチミツと生クリームは、髪に栄養を与えながらダメージをケアし、傷んだキューティクルに高蜜着して徹底的に補修し、新たなダメージを予防します。また、こだわりのフリー処方で、パラベンやシリコン、合成着色料などの有害な成分を避け、肌や髪にやさしい製品を提供しています。

Honeyce(ハニーチェ)のクリーミーハニーシリーズは、その独自の成分配合とこだわりのフリー処方により、ダメージヘアの根本的な修復を目指しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ご質問やご感想は、以下までお寄せください。

お問合せ | こちらからお願いします。
当サイトの概要 | くわしくはこちら

当サイトでレビューした関連製品

b-ex(ビーエックス)シリーズのシャンプーはどれがいい?全22種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

b-ex(ビーエックス)シリーズの洗い流さないトリートメントはどれがいい?全22種類の特徴と良い&悪い口コミを本音でレビュー検証!正しい選び方と美容師のおすすめを紹介

ハニーチェ

ディープレイヤー

フューズ

クレイエステ

ミリ

ロレッタ

オーライト

役立つまとめ記事

現在では、300種類以上のシャンプー・200種類以上の洗い流さないトリートメント・80種類のスタイリング剤をレビューしていますので、見やすくするためにまとめ記事を作成しています。

とりあえず手っ取り早く良いアイテムを知りたい方は、下の記事をチェック!

現在では、217種類のシャンプーをレビューしていますので、見やすくするためにカテゴリ別・髪質別・状態別にまとめ記事を作成しています。

本当に良いシャンプー

市販品・サロン品を問わず「本当に良い」と思えたシャンプーだけを厳選してまとめました。さまざまなシャンプーの中から、美容師が選ぶ女性でも男性でも使える本当に良いシャンプーランキングを作りました。

市販シャンプー

ドラッグストアや薬局限定で販売されている市販品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

サロンシャンプー

美容室・美容院で販売されている専売品のみをまとめています。髪質や悩み別にまとめ、選び方や特徴なども解説しています。

効果を高めるシャンプー

また、ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など、相性の良いシャンプーを見つけるヒントにもなります。ダメージやヘアスタイルによってもおすすめのアイテムは変わります。

シャンプーの種類

シャンプーの種類.2

髪質でシャンプーを探す

髪の状態でシャンプーを探す

注意点

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証する、あるいは否定したりするものではありません。内容については、予告なく変更になる可能性があります。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

成分表記によるレビュールールと、レビューのガイドラインはこちらをご参考ください。

  • 本文中の各意見や体験談は、個々の読者の個人的な感想に基づいています。これらの情報が、全ての人においてその商品やサービスの効果や安全性を証明するものではないことをご理解ください。個々の体験談は、あくまでその人の視点から見た結果であり、必ずしも他の人に同様の効果や結果を約束するものではありません。
  • 商品の特徴や仕様については、メーカーや販売元の公式ウェブサイト、またはAmazonや楽天市場などの販売サイトの公開情報を参照しています。しかし、価格の変動や登録ミスなどによって、我々が掲載した情報と実際の情報に相違が生じる場合もございます。最新の商品情報や価格などは、最終的には各ECサイト、販売店、メーカーの公式ウェブサイトなどで確認していただくことをお勧めします。
  • 本ブログで触れている「エイジングケア」について補足します。これは、年齢を重ねることによる肌の変化に対して、化粧品などを用いてケアを行うことを指します。これらの化粧品等は年齢に応じたケアを可能にする製品であり、それらが認められた範囲内の効果・効能に基づいています。ただし、個々の肌質や体調、そして使用方法などによって得られる結果は差があります。

最後に、我々が提供する情報の目的は、あくまで商品選びの一助となる情報を提供することです。賢明な消費者として、自身の判断と責任において最終決定を行っていただくことをお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップする目次